Home>人気記事>ガラスが割れてしまった!そんなときはガラス修理のプロを呼ぼう

業者にガラス修理を依頼した方の声

間違えてガラスを割ってしまった

自分の不注意でガラスを割ってしまいました。自分には怪我はなく、そこは安心しましたが、ガラスは大変なことに・・・。自分でやったこととはいえ、ショックでした。ただ、ショックでも自分ではどうしようもないので、すぐ東京都内にいる業者を探して修理を依頼。担当の方が来てくれて、ガラスが元通りになりました。お怪我がなくて良かったですね。との優しい言葉もかけてくれて本当に嬉しく感謝でいっぱいです。

ひび割れを直してもらった

2か月前に物をぶつけてガラスにヒビが入ってしまったんですが、少しのヒビだったのでガムテープで保護してそのまま生活していました。でも、ある日かなり天候が荒れて、そのヒビから雨水が少しずつ入り込んできたんです。さすがにこれは直さないと余計ひどくなると思い、業者に修理してもらいました。早く修理していればこんなことにならなかったと、本当に反省しています。

子どもが割ってしまったガラスの修理を頼んだ

うちの子がボールを蹴ってガラスを割ったんです。幸い少し割っただけで怪我はなく、業者に修理依頼の電話をしました。電話では、どんな状況か聞いてくれて、15分ほどで来てくれましたね。修理のときの手際もよく、さすがプロだなと感じました。

ガラスが割れてしまった!そんなときはガラス修理のプロを呼ぼう

ガラス修理は簡単なことじゃない

ガラスが割れたとき、自分で後片付けをしてテープなどで応急処置をすることがあるでしょう。しかし、散らばった破片を片づけるときに怪我をする恐れもありますし、割れたガラスの修理は専門知識がないとできません。費用をかけずに自分ですべて解決させようとする人がいますが、無理はしないようにしましょう。業者では、ガラス修理のときにガラスをすべて交換するということもよくあります。きちんと窓枠にはまっていないと隙間風が入ることもあるため、知識と腕が必要な作業です。

ちょっとしたひび割れでも修理依頼しよう

ひび割れが少しあるだけだからという理由で、修理依頼を先延ばしにしているとさらに被害は大きくなっていくでしょう。知らぬ間にひび割れが大きくなり、そこから雨風が入ってくることがあります。雨風が入ってくれば、室温も下がり、雨水で腐食する可能性もあるでしょう。また、開いた穴か虫が侵入することも。そのため、ひび割れ程度であっても東京などにいる専門業者へガラス修理を頼むのが先決です。

ガラス修理するなら防犯性も意識

ガラス修理をしてもらうとき、割れたガラスと同じものを新しくはめてもらうのもいいですが、せっかく交換してもらうならより強いガラスを取り付けてもらった方がいいです。自分でもちょっと不注意で割れてしまうガラスは、外部の人間が割ってしまうことも簡単だということになるでしょう。最近は、防犯性に強いタイプのガラスもあります。一般家庭からも依頼が多くなっているので、家と家族を守るためにも検討してみましょう。また、防犯ガラスのようなものは割れにくいため、怪我もしにくくなっています。

作業員

広告募集中